こんにちは。進学アドバイザーの山名です。

2020年4月、札幌大通に本学が開校してから早いもので1年が経ちました。

本学は、情報ビジネス専門学校からの分離独立で公務員指導実績は35年です。

2年目になる今年度も、吉田学園公務員法科専門学校(修学支援制度対象校)をよろしくお願いいたします!

 

 

高校生の皆さん、進路活動は進んでいますか?

ここでは、連載ものとして公務員の情報を発信しています!

公務員についてご自身で調べている方も、まだまだ模索中の方も、どうぞお付き合いくださいね。

 

 

 

 

 

前回のおさらいはこちらからどうぞ↓

公務員試験の内容について⑥【適性試験】

公務員になりたいと思ったものの・・・

 

公務員試験ってどんな試験なんだろう?

どういう流れで進むものなんだろう?

 

こういった疑問がある方は非常に多いかと思います。

そんな声にお応えして!公務員試験の内容についてシリーズで更新しています!

 

本日は、適性試験の出題方法について第二弾です。

 

適性試験とは、事務処理能力の早さや正確性を問われる試験のこと

前回は、内容、分類についての説明をしました。

今回は、出題方法についてご紹介します!

 

 

【出題例】

前回紹介した5つのパターンの中から、3つが交互に出題されるスパイラル方式で行われます。

NO.    1~NO.  10→計算

NO.  11~NO.  20→照合

NO  .21~NO.  30→空間把握

NO.  31~NO.  40→計算

NO.  41~NO.  50→照合

NO.  51~NO.  60→空間把握

NO.  61~NO.  70→計算

NO.  71~NO.  80→照合

NO.  81~NO.  90→空間把握

NO.  91~NO.100→計算

NO.101~NO.110→照合

NO.111~NO.120→空間把握

 

このように、計算照合空間把握と10問ずつ解答した後、また同じ形で計算照合空間把握が出題されます。

つまり、1つの作業だけを課すのではなく、異なる3つのパターンを交互に課すやり方になっています。

これをスパイラル方式といいます。

 

【採点方法】

いくら解答しても間違っていれば意味がありません。

これは職務にも言えることで、いくら速く作業をしてもミスが多くては仕事とは言えませんよね。

この職務の適性と照らし合わせて、採点は減点法が取り入れられています。

減点法とは、その正答数にだけにによって採点されるのではなく、誤答数も採点する方法のことです。

 

適性試験の場合、

正答数-誤答数=適性試験の得点

となります。

 

こうすることによって、単にスピードだけではなく正確さも採点しているのです。

また、適性試験では「無回答」(空欄)も誤答として採点されます。

したがって飛ばせば飛ばすだけ減点されるので、飛ばして回答すると損になります。

 

※注意

「無回答」というのは、自分が時間内に回答した一番最後の問題より前にある、解答していない問題のことを指します。

ではここで、得点の例をあげます。

 

解答数 正答数 誤答数 無解答 得点
A 92 91
B 87 68 19
C 115 73 40

 

これを見ると、一目瞭然ですね。「速いからいい」というわけではありません。

速さも必要ですが、やはり第一は正確性です!

 

次回は第三弾、解答方法と対策方法にについてご説明します。

お楽しみに。

 

 

あなたも一緒に、本校の最高の学習環境で公務員への夢を掴みませんか?

 

資料請求はコチラからどうぞ。

オープン・キャンパスはこちらからお申し込みください。

問い合わせ・ご質問などは、0120-607033 または public-koumuin@yoshida-g.ac.jp まで

 

一覧に戻る