こんにちは。進学アドバイザーの山名です。

ついにこの4月、札幌大通吉田学園公務員法科専門学校(修学支援制度対象校)が開校しました。

 

本学は、情報ビジネス専門学校からの分離独立で公務員指導実績は34年です。

 

 

 

札幌のために働きたい!公務員に興味がある!

そんな人にぴったりなお仕事、それが札幌市職員です。

先日よりシリーズで、札幌市職員についてのご紹介しております。

 

ここで前回までのおさらいです。

■札幌市職員とは…

一般事務、一般技術(土木、電気、機械)、消防吏員といったものが主な職務内容です。

各職務内容及び配属先は前回ご説明しましたね。

 

(ここに前回の記事貼り付ける)

 

本日は第二弾として、給与や勤務時間・休暇についてのご紹介をしたいと思います。

 

【給与】

一般事務、一般技術:151,822円

消防吏員:158,929円

※(1)この額は、2019年(令和元年)年4月1日に採用された職員の場合の例です。

    通常の場合は、年に1回昇給します。

 (2)上記の他、次のような諸手当が支給条件に応じて支給されます。

    期末手当…勤勉手当(ボーナスのことです)…1年間に給料等の約4.5か月分

    通勤手当…運賃等総額(1か月あたり最高55,000円)等

    住居手当…賃貸アパート等に住んでいる者等に、月額最高28,000円

    扶養手当…扶養親族のあるものに支給。子1人月額10,000円等

    寒冷地手当…地域の区分等に応じて11月~3月に、月額23,080円等

 

 

【勤務時間】

原則月曜日から金曜日の8時45分から17時15分まで。

休日は、土日祝、年末年始。

※消防職はこの通りではありません。

札幌市消防は3部制をとっており「日勤・当番・非番」に分かれる交代勤務です。

また、土日祝および年末年始は不定休です。

 

【休暇】

年次有給休暇(年間20日(4月1日採用の場合は、採用の年は15日)残日数は20日を限度として翌年に繰り越し)

ほか、夏期休暇、結婚休暇、療養休暇、忌引き休暇等。

 

 

いかがでしたか?

高校生の皆さんには、お給料や待遇面について、少し難しかったり暮らしの想像がしにくいかもしれませんね。

 

ですが、昇給が約束されていることや、福利厚生や手当が充実している・リストラがない。

こういった環境は今のご時世ではなかなかないものです。

これはまさに、「一生懸命努力をして、公務員試験を潜り抜けた人がもらえる特権」と言えるでしょう。

 

 

いかがでしたか?

なお、こちらの記事はあくまでご紹介といったものです。

さらにもっと詳しく知りたい方は札幌市のホームページも見てくださいね。

 

 

次回の更新もお楽しみに。

 

あなたも一緒に、本校の最高の学習環境で公務員への夢を掴みませんか?

資料請求はコチラからどうぞ。

オープン・キャンパスはこちらからお申し込みください。

問い合わせ・ご質問などは、0120-607033 または public-koumuin@yoshida-g.ac.jp まで

一覧に戻る arrow_forward