こんにちは。進学アドバイザーの山名です。

ついにこの4月、札幌大通吉田学園公務員法科専門学校が開校しました。

もちろん「修学支援制度対象校」です!

 

 

 

 

 

皆さんは公務員という職業に、どんなイメージを持ちますか?

本日も、地方公務員についての職業紹介をします。

 

地方公務員とは・・・

都道府県・市町村などの地方自治体で働く公務員のこと。

なんと、日本の公務員全体の約8割以上が地方公務員なんですよ。

 

 

今回は、地方公務員である消防士の一日のスケジュールについて。

皆さんは、消防士が火災のないときはどんなお仕事をしているかご存じですか?

 

火災をはじめとする緊急事態はいつ起こるか予測できないもの。

消防士は、119番通報があれば24時間いつでも出動しなくてはいけません。

そのため、「24時間勤務」と「非番」(※身体を休めるための一日のこと。お休みと思ってもらえたら分かりやすいです。この非番の他にもきちんとお休みの日もあります)を繰り返しながら交代で働くスタイルをとっている所が多いです。

この勤務形態だと、24時間勤務が終わったら自宅に戻って身体を休めることができます。

もちろん24時間勤務といっても、深夜には仮眠の時間も設定されていますよ。

 

こちらはあくまでも例です。

必ずこのスケジュールというわけではありませんので、イメージとして見てくださいね。

 

【一日の流れ】

8:30 出勤
いままで勤務していた消防士より、前日の業務について連絡事項があれば聞き出し、情報共有をします。
9:00 
車両点検・装備の確認消火用ホース、空気呼吸器、無線テストなどの異常がないかを確かめます。
9:30 体力錬成
ストレッチ・腹筋・腕立て伏せなど。
身体をほぐしておくことで、スムーズな初動につなげることが大事です。
12:00 昼休み
消防署によって異なりますが、お弁当の持参を原則としているところと、自炊を原則としているところがあります。
自炊の場合は当番制です。
13:00 出動信号テストや備品のチェック
出動指令には、「火事」「救急」「救助」「警戒」の4種類があり、それぞれ異なる出動音によって知らされます。
14:00 訓練
放水・救急・救助訓練、部隊ごとの初動体制や連携を確かめる部隊訓練があります。
16:30 清掃・ミーティング
食事清掃やミーティング、出動信号テスト、食事と段取りよくこなしていきます。

19:00 勉強会
近況にあわせて重要事項となっているテーマや、消防車が入っていけない複雑な地勢・家屋の密集地を取り上げたりしながら、ルートの再確認等の勉強会を行います。

 

23:00 仮眠

緊急出動に備え、制服はつねに着用しておきます。

 

6:30 交代準備
出動信号テスト、掃除、車両・車庫の点検を行います。
8:30 退勤
引き継ぎ新しく勤務につくメンバーに連絡事項を伝え、24時間勤務は終了します。

 

 

 

いかがでしたか?

 

さまざまな職業の仕事内容を深める在校生のために!

「吉田学園公務員法科専門学校」では、学内での説明会を行っています!

公務員の採用担当者の方が学校に出向いて下さり、お仕事の魅力から採用条件まで、しっかり語っていただくんですよ!

 

 

※こちらは過去の様子です。

 

 

もちろん、気になる職種があればどんどん自分でも調べてみてくださいね!

どんな職種があるのか、まずは知ることが大切ですよ。

 

 

次回も引き続き、地方公務員についてご紹介します!

お楽しみに。

 

 

あなたも一緒に、本校の最高の学習環境で公務員への夢を掴みませんか?

 

資料請求はコチラからどうぞ。

オープン・キャンパスはこちらからお申し込みください。

問い合わせ・ご質問などは、0120-607033 または public-koumuin@yoshida-g.ac.jp まで

 

一覧に戻る arrow_forward